今回はサーバのフルパスを確認する方法を紹介します。

個人的に毎回使用するのは、ベーシック認証をするとき。
ベーシック認証にはフルパスが必要になるので、毎回レンタルサーバの管理画面とかで確認するのが面倒くさいですよね…

htaccessでベーシック認証を掛けたりする際、サーバのフルパスが必要になりますが、それをレンタルサーバのFAQだったり、仕様部分を確認するのがめんどくさいと思ったので、アップしてアクセスするだけでフルパスが確認できるようにPHPを用意しました。

いろんなサーバを使ってる人なんかは用意しておくと便利ですよ!

PHPでフルパスを確認する方法

では早速準備をしていきましょう!

テキストエディタを用意

テキストエディタをを用意して下さい。
メモ帳でもサブライムテキストでも何でもOK。

PHPを書く

メモ帳などテキストエディタを開き、書きを入力します。

<?php echo __FILE__; ?>

保存する

ファイル名は任意です。
「〇〇.php」となるように入力してください。
ここでは、「full_pass.php」とします。

FTPでアップロード

調べたい箇所にFTPで先ほど作成したファイルをアップロードしてください。

フルパスを確認する

アップロードした場所にアクセスします。
「ドメイン/full_pass.php」という形。

これでブラウザにアップロードした箇所までのフルパスが表示されます。

確認後は、FTPにアップした「full_pass,php」は削除しておきましょう。
ファイル名を知っていると誰でもフルパスができてしまうので…

関連記事