ちょっとプログラマっぽい真っ黒の画面の操作方法を紹介するよ!

コマンドライン(Command Line)の基礎

では早速コマンドラインの既存的なコマンドを紹介します。

ファイルの作成

・「touch ファイル名」で空のファイルを作成できます。

ファイルの中身を表示

・「cat ファイル名」で指定ファイルの中身を確認できます。
・ファイル名入力途中で、Tabを押すとファイル名を補完してくれます。

新規フォルダを作成

・「mkdir ディレクトリ名」で新規フォルダを作成できます。

ディレクトリ移動

・「cd ディレクトリ名」で指定のディレクトリに移動します。
・cd ..:1つ上のディレクトリに移動します。
・cdのみ:ホームディレクトリに移動します。

作業ディレクトリの確認

・現在のディレクトの確認できます。

ディレクトリの中身を確認

・1つ子の階層だけを表示できます。

ファイルを移動

・「mv ファイル名 ディレクトリ名」で指定したディレクトリにファイルを移動します。
・「mv ディレクトリ名 移動先のディレクトリ名」で、そのディレクトリ以下のファイルやディレクトリも一緒に移動します。
・「mv ファイル名 新しいファイル名」でファイル名を変更します。

コピーする

・「cp コピーするファイル名 新しいファイル名」でファイルをコピーできます。
・「cp -r コピーするディレクトリ名 新しいディレクトリ名」でディレクトリをコピーできます。

削除

・「rm ファイル名」とすることで削除します。
・「rm -r ディレクトリ」でディレクトリを削除します。

+豆知識

過去に実行したコマンドを上矢印キー「↑」で入力できます。

関連記事