CSSだけで画像トリミングする方法!IE11での対応方法も!!

この記事は約2分で読めます。

動的な部分やPC、SPで画像の対比が変わる時、1つ1つ画像を書き出すのはめんどくさいですよね。
今時CSSだけで簡単に画像とリミングができるので、今回紹介します。

CSSだけで画像トリミングする方法

まずは普通に画像サイズ指定してみると・・・

img {
  width: 500px;
  height: 500px;
}

 

画像の対比が変わってしまうよね・・・。
今回は「object-fit:cover」を使います。

では、トリミングするコードを追加するとこんな感じ。

img {
  width: 500px;
  height: 500px;
  object-fit: cover;
}

 

何も考えずとも中央で画像が幅:500px 高さ:500pxでトリミングされます。
めちゃくちゃ簡単!!

 

画像のトリミング位置を指定してトリミングする

トリミングできても中央だけじゃちょっと・・・という場合も安心!
「object-position」でトリミング位置も調整可能です。

「object-position: 横位置 縦位置;」で調整できます。

 

img {
  width: 500px;
  height: 500px;
  object-fit: cover;
  object-position: 0 100%;
}

 

object-fitのIE11対応について

この前ほぼほぼ主要ブラウザは対応したもののIE11のみ非対応。
IE11はまだ使っている人多いので見逃せませんよね。
早くサポート切ってほしい。
IE11のためにコードを追加するのも面倒なので、JSで実装します。
プラグインがあるのでI11対応も楽々です。

・「fitie.js」を読み込ませます。
以上!
「object-position」がこれだけでは対応できませんが、中央でいいよって方ならこれが一番楽にI11対応させる方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました