HHKB Professional JP買ってみた!

HHKBレビュー

Mac使いなら一度は耳にする「HHKB」
プログラマやブロガーが多く使用しているイメージがありますが、今回ノリで購入しました!

今までも「Happy Hacking Keyboard Lite2」を使用していましたが、今回から「Happy Hacking Keyboard Professional JP 墨」への乗り換えです。

 

「Happy Hacking Keyboard Professional JP 墨」レビュー

2万超えのキーボード、なかなかキーボードに2万円って・・・って方も多いかと思います。
実際PCと自体使用する人も少なくなってきているので、仕事で使っている人以外必要ないような・・・(

 

ひとまず内容物から!

 

「Happy Hacking Keyboard Professional JP 墨」の中身

まずは外箱。
めっちゃシンプル。
HHKB

 

中はこんな感じ。
アマゾン限定版で、キー外しもついてきました。
このキー外すやつ掃除のときに地味に便利ですよね!
1つ持っておくと掃除が捗るので、アマゾン限定版を買うのをおすすめします。

打ち心地について

かなりソフトな感じです。
「コツコツコツ」という感じ。
ソフトでかなり深い印象があります。

以前使っていた「Happy Hacking Keyboard Lite2」よりも押し心地は柔らかく疲れにくい印象です。
lite2よりも深いかも・・・?

 

Macユーザーで「Happy Hacking Keyboard Lite2」から乗り換えなら特にですが、キーの入れるが変わっています。
使用頻度の多い「commond」キーの位置が1つずれているので、いままでlite2を使っていたなら慣れるまで時間がかかるかも。
使い始めて数時間ですが、底だけ打ち間違えしてしまいますね。

打ち以外は文句なしの打ち心地です。

 

 

色について

今回は「墨」を選びましたが、墨汁が染みたような色でめっちゃかっこいい。
かなり質感もいいです。

ただ注意したいので、ブラインドタッチが完璧な方は良いですが、文字が見にくい・・・。
配列を覚えていないと目で見たとき探すのに時間がかかるかもですね。
タイピングに自身がない方は白を選ぶのが無難かと思います。

白い方は真っ白ではなくレトロ感のある白なんで、そういうのが好きな人はぜひぜひ!

 

 

今回購入したHHKBのキーボードはこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました