実装がめんどくさいカレンダー機能ですが、HTMLで簡単に実装することができます。
inputの「datetime-local」でカレンダーを実装してみよう!

 

 

HTMLだけでリッチなカレンダーを表示する

では、早速カレンダーを実装していきましょう。
今回使用するのは、inputの「type=”datetime-local”」。
これをつけるだけで簡単に実装することができます。

 

「datetime-local」

<input type="datetime-local">

 

 

実行結果

 

こんな感じで、これだけでリッチなカレンダーを表示することができます。
JSなどで実装するのはまぁまぁめんどくさいので、便利な時代ですね(^o^)

関連記事